都合のよい女から目が覚めた

妄想日記(R18)

都合のよい女じゃない、、、こう思ってた。

でも彼はわたしを愛している訳ではなく、心の隙間と性欲を満たしてくれるセフレ程度でしかなかった

 

妻とは上手くいってない

いずれは別れるつもり

 

都合のよい女はこんな事を言われてるイメージがあるけど

そして 既婚男性がよく言うセリフには、ウソがある事は知ってはいたけど、気づかないふりを考えないようにはしてた

 

彼にとっては都合の良い女

いいように扱われても呼ばれたら、つい会ってしまっていた

抱かれてる最中は幸せを噛み締めていたから。。

 

どんなに尽しても、どんなに会いに行ってもわたしを優先して行動してくれるなんて無かった。

わたしの行いは意味がなかったみたいだ

 

今日も中身のない優しい言葉は投げかけてくれるけど、本当にして欲しい事はしてくれない

 

薄っぺらな優しい言葉だけしか吐かないような既婚男性を愛してしまうんじゃなかった。

 

いつかはわたしに振り向いてくれる

なんて考えてる私がばかだ

 

寂しくて虚しい

もう終わりにしよう

 

一方的に男だけが都合のよい女に扱われるのは卒業しよう!

 

決意を固めた

 

 

 

 

 

 

ってをお昼寝中にみて目が覚めましたw

 

つい時間があったからウトウトと、、、 お昼寝は最高だな♪

 

さてと、、、今日クリスマスイブ🎄

準備しないと

タイトルとURLをコピーしました